白川郷ライトアップ ツアー 名古屋発, 王様 ディープパープル 歌詞, マンタ シュノーケル ダイビング どっち, Huawei P10 Lite Sim 取り出せない, 無印 綿であったかインナー サイズ感, 鬼滅の刃 アオイ 嫌い, ドラム 周波数 カット, アメリカ 苗字 数, Line 質問ばかり 女性, シャーロック シーズン4 3話 ネタバレ, 池袋 自転車屋 安い, " /> 白川郷ライトアップ ツアー 名古屋発, 王様 ディープパープル 歌詞, マンタ シュノーケル ダイビング どっち, Huawei P10 Lite Sim 取り出せない, 無印 綿であったかインナー サイズ感, 鬼滅の刃 アオイ 嫌い, ドラム 周波数 カット, アメリカ 苗字 数, Line 質問ばかり 女性, シャーロック シーズン4 3話 ネタバレ, 池袋 自転車屋 安い, " /> 白川郷ライトアップ ツアー 名古屋発, 王様 ディープパープル 歌詞, マンタ シュノーケル ダイビング どっち, Huawei P10 Lite Sim 取り出せない, 無印 綿であったかインナー サイズ感, 鬼滅の刃 アオイ 嫌い, ドラム 周波数 カット, アメリカ 苗字 数, Line 質問ばかり 女性, シャーロック シーズン4 3話 ネタバレ, 池袋 自転車屋 安い, " />
toggle
海老原 諒 OFFICIAL WEBSITE
2021-01-09

ピクサー 時間軸 リ メンバー ミー

予告編や劇中歌動画のご紹介です。待望の最新作『リメンバー・ミー』。映画作品の予告映像や試写会ご招待、オリジナルグッズプレゼントキャンペーンなど、お得な情報が満載!ディズニー公式 Disney.jp 最も感動したピクサー映画ランキング 1位から10位. マイケル・ジアッチーノシシド・カフカ リー・アンクリッチ 目次「リメンバー・ミー」主題歌の歌詞を日本語・和訳で紹介【ピクサー映画】「Remember me/リメンバー・ミー (デュオ)」曲解説映画「リメンバー・ミー」について絶対おさえておきたい3つのこと 「 監督 スティーブ・ブルーム 上映時間 ピクサー 『リメンバー・ミー』 1000ピース ジグソーパズルがジグソーパズルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除 … 制作 音楽 $209,726,015 2014年に結成され、瞬く間にビルボード首位に輝き、日本でもデビューするなど、グローバルに活躍しています。ここでは、got7(ガットセブン)のメンバーの名前やプロフィール、そして人気順をランキング形式でまとめてみました。 言語 [ディズニー]『リメンバー・ミー』のレンタル・通販・在庫検索。映画のあらすじや感想、声優やキャラクターの情報。陽気でカラフルな“死者たちの世界”を舞台に、時を越えた“家族の絆”を描いた、ピクサーのファンタジー・アドベンチャー・アニメーション。 シシド・カフカ Amazon.co.jp | リメンバー・ミー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - ディズニー, リー・アンクリッチ 2018年3月16日(金)公開のディズニー/ピクサー映画「リメンバー・ミー」のdvd・ブルーレイ発売日、レンタル開始日に関する最新情報をお伝えします。 @disney 目次 『リメンバー・ミー』(原題:Coco)は、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給によるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・アドベンチャー映画。全米で2017年11月22日、日本で2018年3月16日公開。キャッチコピーは「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。」。, ピクサーの長編映画としては『カーズ/クロスロード』に次ぎ『トイ・ストーリー』から数えて19作目となる。『カーズ/クロスロード』と並び、ピクサーの長編映画が同年に複数公開されるのは2015年以来2年ぶりの2回目である。, 死者の日の間、骸骨となった死者達が陽気に暮らすテーマパークのような死者の国を舞台に、そこへ迷い込んだミュージシャンを夢見る少年ミゲルと、死者の国に暮らす骸骨のヘクターの2人を主人公に据え、2人が死者の国で繰り広げる冒険を軸に、生死を超えた家族の絆がエモーショナルに描かれている。また、本作では音楽も重要な役割を果たしており、劇中に音楽が多数登場するため、ミュージカル要素がある。, 同時上映はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の短編アニメーション『アナと雪の女王/家族の思い出』[4][5][注 1]。なおこの作品は、以前から期間限定での上映であったことがディズニーにより発表され、全米では12月8日より併映が取り止めとなった[6][7][8][9]。, 当初日本公開はクリスマスシーズンの2017年12月23日に予定されていたが、春休みシーズンである2018年3月16日に後ろ倒しとなった[10][注 2]。, ちなみに、原題の"Coco"は、本作に登場するミゲルの曽祖母であるママ・ココから取られている[11]。, 遠い昔、メキシコのサンタ・セシリア出身のリヴェラ家の夫が、音楽家になる夢を追いかけて家族を捨てる。残されたその妻ママ・イメルダは音楽を嫌うようになり、家庭に「音楽禁止の掟」を立て、習得した製靴で一人娘のママ・ココを育てる。製靴業は掟と共に代々引き継がれ、リヴェラ一族は靴屋として繁栄する。当のココは存命ながらも認知が衰えつつあり、遙か昔に逝去した父のことばかり言っていた。そのひ孫で12歳のミゲル・リヴェラは他の家族と同様、靴屋を継ぐことを期待され、音楽は聴くことすらも禁じられていたが、密かにミュージシャンを志していた。彼が信奉するエルネスト・デラクルスは同郷の伝説的ミュージシャンで、『リメンバー・ミー』など誰もが知るヒット曲を連発するも、1942年にステージ上で曲を披露している最中に事故で亡くなった。ミゲルは家族に隠れて屋根裏に彼のグッズを並べ、自作のギターで彼の曲を弾いていた。, そして年に1度、他界した先祖が家族に会いにやって来るという死者の日、リヴェラ家でも先祖を迎える準備をしていた。自宅の祭壇には先祖の写真が飾られ、その中には幼き頃のココが入った家族写真もあったが、家族を捨てたという父の顔の部分は破られていた。そこでミゲルはその高祖父が持つギターがデラクルスのものと同じであることに気付き、高祖父はデラクルスだと推測する。これに沸き立った彼はその写真を持ち出し、街の音楽コンテストで自分の演奏を披露しようと決心するが、それを知った家族と口論になり、祖母エレナにギターを破壊されてしまう。諦めきれないミゲルは家を飛び出し、ギターを調達すべくデラクルスの霊廟に忍び込み、彼のギターを手にする。ところがそのギターを弾いた瞬間から、死者が骸骨の姿で見えるようになり、逆に生者からは自分が見えなくなってしまう上に触れることも出来なくなってしまう。, ミゲルはその場に居合わせたリヴェラ家の先祖達と共に死者の国へ行き、なぜか生者の国へ行けずにいた高祖母のイメルダに解決策を請うと、「死者の日に死者の物を盗んだ生者は呪われて死者の国に飛ばされる」「生者が死者の国で日の出を迎えると帰れなくなる」「生者の国の祭壇に写真が飾られていない者は死者の国から出られない」といった掟を伝えられる。そして、生者が死者の国から帰るには、先祖に許しをもらうだけでいいという。イメルダはミゲルに写真を祭壇に戻すよう告げ、許しを与えようとするが、「二度と音楽をしない」という条件を付けたため、ミゲルは代わりにデラクルスに許しをもらおうとその場から逃げ出す。すると、自分をデラクルスの友達だと言い張る男ヘクターと出くわす。彼はまだ存命の娘に会いたいと願っていたが、誰も彼の写真を飾っておらず生者の国に行けずにいた。ミゲルの話を聞いたヘクターは自分の写真を彼に渡し、デラクルスへの対面を手伝う代わりに生者の国で自分の写真を飾るよう頼む。, 死者の国でも開催されている音楽コンテストで優勝すれば、デラクルスの豪邸で執り行われるパーティーに招待されると知った彼らは、手始めにヘクターの友人のチチャロンにギターを借りに行くが、そこで生者の国で誰からも忘れられると死者の国からも消滅してしまうという「二度目の死」を目にする。ミゲルは、寂しく消滅してしまったチチャロンが遺したギターを手に、コンサートで『ウン・ポコ・ロコ』をなんとか最後まで演奏し、大喝采を浴びるが、リヴェラ一族がコンサート会場にミゲルを捜しに来たため、表彰式を待たず逃げ出す。更にミゲルは些事でヘクターと喧嘩をし、単独行動を取る。当てもなくデラクルスのパーティー会場に来たミゲルは、コンテストで優勝したバンドの手助けで会場に忍び込み、遂にデラクルスと対面する。彼も自分の玄孫に会えたことを喜び、ミゲルに許しを与えようとする。, その時、2人の前にヘクターが現れ、ある真実が明かされる。ヘクターは本当にデラクルスの友人で生前、デラクルスと共に音楽活動をし、そこで作詞作曲をして旅をしていたが、娘が恋しくなり、ヘクターがこれをやめて家族が待つ故郷へ帰ろうとすると、デラクルスは食中毒だと騙し、彼を毒殺し、その後は彼が遺したギターや、娘のために書いた『リメンバー・ミー』など数々の曲を自分のものと偽って活動していたのである。デラクルスは生者の国でこれが明かされないようミゲルが持っていたヘクターの写真を奪い、2人を町外れの地下洞窟に落とす。ヘクターが絶望の中、思い出として語った娘の名は「ココ」。即ち、ミゲルの本当の高祖父はデラクルスではなくヘクターであったのである。ヘクターが生者の国に行こうと必死だったのも、ココが父を忘れかけており、ヘクターに二度目の死が近付いていたからであった。そこへミゲルを捜していたイメルダが空飛ぶアレブリヘ[注 3]に乗って現れ、彼らを助け出す。, ヘクターが家族を捨てたわけではなかったことと再び家族の元へと帰ろうとしていたことなど、全ての事情を知ったリヴェラ一族は、ヘクターの写真を取り返すべくデラクルスのコンサート会場へ乗り込む。ところが、ステージ裏で乱闘になり、写真は失われてしまうが、ミゲルとデラクルスがその場で語った真実はリヴェラ一族の1人が観客席に繋いだカメラによって暴露され、ミゲルを屋上から突き落としたことでデラクルスは途端に非難の的となる。そして、巨大なアレブリヘによって会場の外へと追いやられ、デラクルスは自身が死んだときと同じように鐘に押し潰された。ヘクターは、日の出と二度目の死が近付く中、自身の消滅より玄孫のミゲルの命を優先し無条件で許し、生者の国へ送り返す。, 生者の国へと戻ったミゲルは、ヘクターの消滅を防ぐため、急いでココの元へ行き、エレナや家族の制止を振り切って、ヘクターが作った曲である『リメンバー・ミー』を演奏する。するとココはたちまち父であるヘクターのことを思い出し、大切に保管していた家族写真の破られたヘクターの顔の部分の切れ端を取り出す。ココはヘクターが生前家族に送った手紙や楽譜なども大切に保管しており、これが後に死者の国だけでなく、生者の国の人々にもデラクルスの悪行が知られることとなる。これにより、ヘクターの功績は一気に世間へと知られることとなり、生前の悪事が暴かれたデラクルスの霊廟には「忘れてやる」という看板が掛けられ封鎖された。, 翌年の死者の日、祭壇には破られた部分を修復したヘクター、イメルダ、ココの家族写真に加えて新しくココの写真も並び、ココは死者の国で長年離れ離れだった両親と再会を果たしていた。そして、生者と死者が揃ったリヴェラ一族の前で、ミゲルはギターを手に歌を披露した。, 死者の国の住人は全て骸骨の姿をしているが、身長や髪型などの風貌は亡くなった時点のものがそのまま引き継がれる。また、年は取らない。生者の記憶に残っている限り、死者の国の住人は存在する事が可能だが、生者から忘れられる、又は存在を覚えている生者が亡くなってしまうなどして、覚えてくれている人が一人もいなくなってしまうと二度目の死が訪れ、完全に消滅してしまう[注 6]。死者の日のみ生者の国に行けるが、「出入国管理所」で生者の国に写真が飾られているかどうか判定され、飾られていない場合は出国を拒否される。それでも死者の国と生者の国を繋ぐマリーゴールドの橋を渡ろうとした場合、花に埋もれてしまう。メイキングブックによると、古代の死者の国の住人は歴史に名を残した著名人や王族以外は数十年単位で二度目の死が訪れ、人口もそれほど多くなく安定していたが、200年前から写真の技術が発展した事で、子孫に遺影を残して認知され、引き継がれやすくなったことにより死者の国の人口が爆発的に増え、上に上に建物が経つほど異様な街並みへと変わって行った。, エンドロールでは、日本語吹替版では「リメンバー・ミー(エンドソング)」が、字幕版では「リメンバー・ミー(デュエット)」が冒頭で流れ、その後スコアのメドレーとなる。, 2018年4月1日時点で、本作の興行収入は北米で2億951万ドル(米ドル:以下同じ)、その他の国と地域で5億7118万ドルで、全世界では7億8069万ドルである[18]。, アメリカ合衆国とカナダにおいては、上映開始5日間の興行収入は3987スクリーンで5500万~6500万ドル(うち土日で4000万ドル)と予想された[19]。2017年11月21日の事前上映では230万ドルとなり、これは同じく11月に事前上映が行われたディズニー配給作品と比較すると『モアナと伝説の海』(260万ドル)より少なく、『アーロと少年』(130万ドル)より多い結果となった。翌日の正式上映開始日には1320万ドルの興行収入を上げ、開始5日間の興行収入は計7290万ドル(うち土日5080万ドル)と予想を上回り、初週末である11月25日・26日の週末興行収入ランキングでは1位に付いた[20]。この記録は、感謝祭期間に上映開始されたディズニー配給作品の初週末興収としては『アナと雪の女王』『モアナと伝説の海』『トイ・ストーリー2』に次ぎ4位である[21]。, 第2週末(12月2日・3日)は初週末比46%の2750万ドルまで下落したが、依然としてランキング1位を保った。この下落幅は、初週→2週目としては『モアナと伝説の海』『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『アーロと少年』より小さい[22][23]。第3週末(12月9日・10日)も同じく1位となったが、興行収入は初週末比33%の1850万ドルとなり、『モアナと伝説の海』とほとんど同様の推移を見せた[24]。この時点で、2017年北米公開映画の総興行収入ランキングでは『スプリット』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『ヒットマンズ・ボディガード』に次ぎ4位となった。第4週末(12月16日・17日)は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『フェルディナンド』に次ぎランキング3位となった[25][26]。, 第5週末(12月23日・24日)は新たに『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』『ピッチ・パーフェクト3』『グレイテスト・ショーマン』の上映が開始され、6位に付くが、クリスマス(12月25日)単日でも280万ドルの興行収入を上げ、依然として好調を見せた[27]。クリスマス休暇期間(12月22日~28日)の総興行収入は1630万ドルとなり、前週合計より6%上昇した(スクリーン数は1000以上減少)[28]。第6週末(12月30日・31日)も6位を維持し、12月29日~31日の興行収入は前週比139%[29]、これに元日を足した4日間の興行収入は前週比184%[30](うち元日は260万ドル[31])となった。, 第8週末(2018年1月13日・14日、翌月曜の15日はキング牧師記念日で祝日)には10位以下に転落し、金曜~日曜は前週比62%[32]、これにキング牧師記念日を加えた4日間では前週比86%[33]となった。, 日本では一足遅れて2018年3月16日に全国511スクリーンで封切られ、土日2日間で観客動員数36万8000人、興行収入4億8816万円を記録[34]。ランキングでは『ドラえもん のび太の宝島』に続く初登場2位となり、観客動員数では『ドラえもん のび太の宝島』を下回っているが、興行収入では上回っている[34]。公開初週の『ボス・ベイビー』が首位となり、2週目も2位となったが、またも興行収入では『ボス・ベイビー』を上回っている[35]。3週目、観客動員数32万7786人、興行収入3億7946万円をあげ、ランキングで初の首位を記録し[36]、翌週も首位をキープする[37]。なお、興行収入でのランキングでは公開初週から4週連続1位となっている[38]。, その後も、3位(5週目)[39]、4位(6週目)[40]、5位(7週目)[41]、6位(8週目)[42]、8位(9週目)[43]とランキングで9週連続トップ10内をキープし続け、5月8日時点で累計興行収入47億円を突破している[44]。, 本作の舞台となっているメキシコでは北米公開より早く2017年10月27日に上映が開始された。初週末(10月28日・29日)興行収入は930万ドル(メキシコ・ペソ→アメリカ・ドル換算値)となり、国内で公開されたアニメ原作映画(前作や他の原作を持たない映画)および夏期休暇以外に上映が開始された映画としては史上最高記録であった[45]。第2週末(11月4日・5日)は前週末比112%の1080万ドルとなり、この日までの総興行収入は2800万ドルとなった。また、公開日から10日目までの興行収入は国内公開映画で史上最高を記録した[46][47]。第3週末(11月11日・12日)は前週末比77%の840万ドルとなった。, 11月12日までの総興行収入は7億9200万墨ペソ(4140万米ドル)で、アニメ映画として国内史上最高、全映画で国内史上2位(1位は『アベンジャーズ』)を記録したが[48]、公開19日目の11月15日には『アベンジャーズ』を抜き国内全映画史上1位の記録を上げる[49]。, 中華人民共和国では『尋夢環遊記』のタイトルで2017年11月24日に公開され、公開3日間で1820万ドルを記録。これは、ディズニーのアニメーション映画としては『ズートピア』に続く2番目に高い記録である[50]。, 第45回アニー賞では、作品賞など最多13部門にノミネートされ[51]、そのうち11部門を受賞した[52]。, 第75回ゴールデングローブ賞では、アニメ映画賞と主題歌賞の2部門にノミネート[53]、アニメ映画賞を受賞した[54]。, 第90回アカデミー賞では、長編アニメ映画賞と主題歌賞の2部門にノミネートされ[55]、見事2部門の受賞を果たした[56][57]。なお、この受賞により、6年連続ディズニー作品が長編アニメ映画賞受賞となった[56]。, ジョン・ラセター - エドウィン・キャットマル - スティーブ・ジョブズ - ピート・ドクター - アンドリュー・スタントン - ブラッド・バード - リー・アンクリッチ - ゲイリー・ライドストロム - ブレンダ・チャップマン - ブラッド・ルイス - ボブ・ピーターソン - ジョー・ランフト, ※( ) 内の年代は、アメリカでの公開年/日本での公開年。1つのみの場合は、アメリカでの公開年のみ。, フリーダに扮したヘクターは2回登場し、1回目は写真がないという理由で出国が拒否されて取り調べを受けたが、2回目は警備員がヘクターだと気付かずに豪邸に紛れ込むことに成功した。, デラクルスの歌に聴き惚れていた男性スタッフが不意にレバーを動かしてしまったことが原因。, デラクルスが使用していたギターは本来の持ち主であったヘクターの実家(リヴェラ家)に返却された。デラクルスの霊廟は封鎖され、入り口の上にある銅像には「Remember me(リメンバー・ミー、忘れないで)」と逆の意味の「Forget you(忘れてやる)」と書かれた看板をかけられた。, ヘクター役のガエル・ガルシア・ベルナルの娘であり、実際にヘクターの娘役として出演している。, https://www.filmla.com/wp-content/uploads/2018/08/2017_film_study_v3-WEB.pdf, “2018年上半期洋画1位は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 - 上半期洋画ランキング”, 米国では「リメンバー・ミー」のスクリーンから、アナ雪の短編映画を削除するとディズニーが発表, 映画『リメンバー・ミー』、米国では『アナと雪の女王/家族の思い出』の上映をカットへ, Today in Entertainment: Bryan Singer fired from upcoming Queen biopic; Geoffrey Rush steps down as Australian Academy president, Disney to Remove ‘Olaf’s Frozen Adventure’ Short From ‘Coco’ Screenings, 『Coco』の邦題、なぜ『リメンバー・ミー』に? 監督が明かす、歴代ピクサー作品との違い, “『ワンピース』ブルック役のチョーさん、劇場アニメ『リメンバー・ミー』でもガイコツ役で出演! 立木文彦さん・安野希世乃さんら人気声優も参加”, https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1518325169, 渡辺直美、ディズニー/ピクサー声優初挑戦!「リメンバー・ミー」で実在の芸術家フリーダ・カーロ役, 「リメンバー・ミー」 日本版キャスト一挙発表、「ワンピース」ブルック声優がガイコツ役で出演, Can 'Coco' Whip 'Justice League' For Top Spot Over Thanksgiving Stretch? ディズニー/ピクサーのアニメ映画「リメンバー・ミー」の主題歌です。今回の楽譜は、日本版エンドソング、シシド・カフカ feat.東京スカパラダイスオーケストラヴァージョンを元にしたアレンジでお届け。話題性もあり人気も高い、おすすめの一曲です! 『リメンバー・ミー』(原題:Coco)は、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・アドベンチャー映画。全米で2017年11月22日、日本で2018年3月16日公開。キャッチコピーは「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。」。, ピクサーの長編映画としては『リロ・アンド・スティッチ』に次ぎ『モンスターズ・インク』から数えて19作目となる。『バグズ・ライフ』と並び、ピクサーの長編映画が同年に複数公開されるのは2015年以来2年ぶりの2回目である。, 骸骨となった死者達が陽気に暮らすテーマパークの様な死者の国を舞台に、そこへ迷い込んだミュージシャンを夢見る少年ミゲルと、死者の国に暮らす骸骨のヘクターの2人を主人公に据え、2人が死者の国で繰り広げる冒険を軸に、生死を超えた家族の絆がエモーショナルに描かれている。また、本作では音楽も重要な役割を果たしており、劇中に音楽が多数登場するため、ミュージカル要素がある。, 同時上映はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の短編アニメーション『アナと雪の女王/家族の思い出』[注 1]。なおこの作品は、以前から期間限定での上映であったことがディズニーにより発表され、全米では12月8日より併映が取り止めとなった。, 当初日本公開はクリスマスシーズンの2017年12月23日に予定されていたが、春休みシーズンである2018年3月16日に後ろ倒しとなった。, 遠い昔、メキシコのサンタ・セシリア出身のある男が、音楽家になる夢を追いかけて家族を捨てる。残されたその妻ママ・イメルダは音楽を嫌うようになり、家庭に「音楽禁止の掟」を立て、習得した製靴で一人娘のママ・ココを育てる。製靴業は掟と共に代々引き継がれ、リヴェラ一族は靴屋として繁栄する。当のココは存命ながらも認知が衰えつつあり、遙か昔に逝去した父のことばかり言っていた。そのひ孫で12歳のミゲル・リヴェラは他の家族と同様、靴屋を継ぐことを期待され、音楽は聴くことすらも禁じられていたが、密かにミュージシャンを志していた。彼が信奉するエルネスト・デラクルスは同郷の伝説的ミュージシャンで、『リメンバー・ミー』など誰もが知るヒット曲を連発するも、1942年にステージ上で曲を披露している最中に事故で亡くなった。ミゲルは家族に隠れて屋根裏に彼のグッズを並べ、自作のギターで彼の曲を弾いていた。, そして年に1度、他界した先祖が家族に会いにやって来るという「死者の日」、リヴェラ家でも先祖を迎える準備をしていた。自宅の祭壇には先祖の写真が飾られ、その中には幼き頃のココが入った家族写真もあったが、家族を捨てたという父の顔の部分は破られていた。そこでミゲルはその高祖父が持つギターがデラクルスのものと同じであることに気付き、高祖父はデラクルスだと推測する。これに沸き立った彼はその写真を持ち出し、街の音楽コンテストで自分の演奏を披露しようと決心するが、それを発見した祖母エレナにギターを破壊される。諦めきれないミゲルは家を飛び出し、ギターを調達すべくデラクルスの霊廟に忍び込み、彼のギターを手にする。ところがそのギターを弾いた瞬間から、死者が骸骨の姿で見えるようになり、逆に生者からは自分が見えなくなってしまう上に触れることも出来なくなってしまう。, ミゲルはその場に居合わせたリヴェラ家の先祖達と共に死者の国へ行き、なぜか生者の国へ行けずにいた高祖母のイメルダに解決策を請うと、「死者の日に死者の物を盗んだ生者は死者の国に飛ばされる」「生者が死者の国で日の出を迎えると帰れなくなる」「生者の国の祭壇に写真が飾られていない者は死者の国から出られない」といった掟を伝えられる。そして、生者が死者の国から帰るには、先祖に許しをもらうだけでいいという。イメルダはミゲルに写真を祭壇に戻すよう告げ、許しを与えようとするが、「二度と音楽をしない」という条件を付けたため、ミゲルは代わりにデラクルスに許しをもらおうとその場から逃げ出す。すると、自分をデラクルスの友達だと言い張る男ヘクターと出くわす。彼はまだ存命の娘に会いたいと願っていたが、誰も彼の写真を飾っておらず生者の国に行けずにいた。ミゲルの話を聞いたヘクターは自分の写真を彼に渡し、デラクルスへの対面を手伝う代わりに生者の国で自分の写真を飾るよう頼む。, 死者の国でも開催されている音楽コンテストで優勝すれば、デラクルスの豪邸で執り行われるパーティーに招待されると知った彼らは、手始めにヘクターの友人にギターを借りに行くが、そこで、生者の国で誰からも忘れられると死者の国からも消滅してしまうという「二度目の死」を目にする。ミゲルは、寂しく消滅してしまったヘクターの友人が遺したギターを手に、コンサートで『ウン・ポコ・ロコ』をなんとか最後まで演奏し、大喝采を浴びるが、リヴェラ一族がコンサート会場にミゲルを捜しに来たため、表彰式を待たず逃げ出す。更にミゲルは些事でヘクターと喧嘩をし、単独行動を取る。当てもなくデラクルスのパーティー会場に来たミゲルは、コンテストで優勝したバンドの手助けで会場に忍び込み、遂にデラクルスと対面する。彼も自分の玄孫に会えたことを喜び、ミゲルに許しを与えようとする。, その時、2人の前にヘクターが現れ、ある真実が明かされる。ヘクターは生前、デラクルスと共に音楽活動をし、そこで作詞作曲をして旅をしていたが、ヘクターがこれをやめて家族が待つ故郷へ帰ろうとすると、デラクルスは彼を毒殺し、その後は彼が遺したギターや、娘のために書いた『リメンバー・ミー』など数々の曲を自分のものと偽って活動していたのである。デラクルスは生者の国でこれが明かされないようミゲルが持っていたヘクターの写真を奪い、2人を町外れの地下洞窟に落とす。ヘクターが絶望の中、思い出として語った娘の名は「ココ」。即ち、ミゲルの本当の高祖父はデラクルスではなくヘクターであったのである。ヘクターが生者の国に行こうと必死だったのも、ココが父を忘れかけており、ヘクターに二度目の死が近付いていたからであった。そこへミゲルを捜していたイメルダが空飛ぶアレブリヘ[注 2]に乗って現れ、彼らを助け出す。, ヘクターが家族を捨てたわけではなかったことと再び家族の元へと帰ろうとしていたことなど、全ての事情を知ったリヴェラ一族は、ヘクターの写真を取り返すべくデラクルスのコンサート会場へ乗り込む。ステージ裏で乱闘になり、写真は失われてしまうが、デラクルスがその場で語った真実はリヴェラ一族の1人が観客席に繋いだカメラによって暴露され、デラクルスは途端に非難の的となる。そして、巨大なアレブリヘによって会場の外へと追いやられ、デラクルスは自身が死んだときと同じ様に鐘に押し潰された。ヘクターは、日の出と二度目の死が近付く中、自身の消滅より子孫のミゲルの命を優先し無条件で許し、生者の国へ送り返す。, 生者の国へと戻ったミゲルは、ヘクターの消滅を防ぐため、急いでココの元へ行き、エレナや家族の制止を振り切って、ヘクターが作った曲である『リメンバー・ミー』を演奏する。するとココはたちまち父であるヘクターのことを思い出し、大切に保管していた家族写真の破られたヘクターの顔の部分の切れ端を取り出す。ココはヘクターが生前家族に送った手紙や楽譜なども大切に保管しており、これが後に人々にデラクルスの悪行を知ることとなる。これにより、ヘクターの功績は一気に世間へと知られることとなり、生前の悪事が暴かれたデラクルスの霊廟には「忘れてやる」という看板が立て掛けられ封鎖された。, 翌年の死者の日、祭壇には破られた部分を修復したヘクター、イメルダ、ココの家族写真に加えて新しくココの写真も並び、ココは死者の国で長年離れ離れだった両親と再会を果たしており、生者と死者が揃ったリヴェラ一族の前で、ミゲルとヘクターはギターを手に歌を披露した。, 死者の国の住人は全て骸骨の姿をしているが、身長や髪型などの風貌は亡くなった時点のものがそのまま引き継がれる。また、年は取らない。死者の日のみ生者の国に行けるが、「出入国管理所」で生者の国に写真が飾られているかどうか判定され、飾られていない場合は出国を拒否される。それでも、死者の国と生者の国を繋ぐマリーゴールドの橋を渡ろうとした場合、花に埋もれてしまう。, エンドロールでは、日本語吹替版では「リメンバー・ミー(エンドソング)」が、字幕版では「リメンバー・ミー(デュエット)」が冒頭で流れ、その後スコアのメドレーとなる。, 2018年4月1日時点で、本作の興行収入は北米で2億951万ドル(米ドル:以下同じ)、その他の国と地域で5億7118万ドルで、全世界では7億8069万ドルである。, アメリカ合衆国とカナダにおいては、上映開始5日間の興行収入は3987スクリーンで5500万~6500万ドル(うち土日で4000万ドル)と予想された。2017年11月21日の事前上映では230万ドルとなり、これは同じく11月に事前上映が行われたディズニー配給作品と比較すると『モアナと伝説の海』(260万ドル)より少なく、『アーロと少年』(130万ドル)より多い結果となった。翌日の正式上映開始日には1320万ドルの興行収入を上げ、開始5日間の興行収入は計7290万ドル(うち土日5080万ドル)と予想を上回り、初週末である11月25日・26日の週末興行収入ランキングでは1位に付いた。この記録は、感謝祭期間に上映開始されたディズニー配給作品の初週末興収としては『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』に次ぎ4位である。, 第2週末(12月2日・3日)は初週末比46%の2750万ドルまで下落したが、依然としてランキング1位を保った。この下落幅は、初週→2週目としては『ライオン・キング』『ふしぎの国のアリス』『塔の上のラプンツェル』『ベイマックス』より小さい。第3週末(12月9日・10日)も同じく1位となったが、興行収入は初週末比33%の1850万ドルとなり、『ロジャー・ラビット』とほとんど同様の推移を見せた。この時点で、2017年北米公開映画の総興行収入ランキングでは『ピノキオ』『白雪姫』『ピーター・パン』に次ぎ4位となった。第4週末(12月16日・17日)は『南部の唄』『くまのプーさん』に次ぎランキング3位となった。, 第5週末(12月23日・24日)は新たに『バンビ』『眠れる森の美女』『コルドロン』の上映が開始され、6位に付くが、クリスマス(12月25日)単日でも280万ドルの興行収入を上げ、依然として好調を見せた。クリスマス休暇期間(12月22日~28日)の総興行収入は1630万ドルとなり、前週合計より6%上昇した(スクリーン数は1000以上減少)。第6週末(12月30日・31日)も6位を維持し、12月29日~31日の興行収入は前週比139%、これに元日を足した4日間の興行収入は前週比184%(うち元日は260万ドル)となった。, 第8週末(2018年1月13日・14日、翌月曜の15日で祝日)には10位以下に転落し、金曜~日曜は前週比62%、これにキング牧師記念日を加えた4日間では前週比86%となった。, 日本では一足遅れに全国511スクリーンで封切られ、土日2日間で観客動員数36万8000人、興行収入4億8816万円を記録。ランキングでは『ジャングル・ブック』に続く初登場2位となり、観客動員数では『美女と野獣』を下回っているが、興行収入では上回っている。公開初週の『ダンボ』が首位となり、2週目も2位となったが、またも興行収入では『わんわん物語』を上回っている。3週目、観客動員数32万7786人、興行収入3億7946万円をあげ、ランキングで初の首位を記録し、翌週も首位をキープする。なお、興行収入でのランキングでは公開初週から4週連続1位となっている。, その後も、3位(5週目)、4位(6週目)、5位(7週目)、6位(8週目)、8位(9週目)とランキングで9週連続トップ10内をキープし続け、5月8日時点で累計興行収入47億円を突破している。, 本作の舞台となっているメキシコでは北米公開より早く2017年10月27日に上映が開始された。初週末(10月28日・29日)興行収入は930万ドル(メキシコ・ペソ→アメリカ・ドル換算値)となり、国内で公開されたアニメ原作映画(前作や他の原作を持たない映画)および夏期休暇以外に上映が開始された映画としては史上最高記録であった。第2週末(11月4日・5日)は前週末比112%の1080万ドルとなり、この日までの総興行収入は2800万ドルとなった。また、公開日から10日目までの興行収入は国内公開映画で史上最高を記録した。第3週末(11月11日・12日)は前週末比77%の840万ドルとなった。, 11月12日までの総興行収入は7億9200万墨ペソ(4140万米ドル)で、アニメ映画として国内史上最高、全映画で国内史上2位(1位は『101匹わんちゃん』)を記録したが、公開19日目には『おしゃれキャット』を抜き国内全映画史上1位の記録を上げる。, 中華人民共和国では『リロ・アンド・スティッチ』のタイトルで2017年11月24日に公開され、公開3日間で1820万ドルを記録。これは、ディズニーのアニメーション映画としては『ズートピア』に続く2番目に高い記録である。, ピクサー・アニメーション・スタジオ Wikiは映画ジャンルのFandomコミュニティです。, 霊廟は封鎖され、入り口の上にある石像には「Forget you(忘れてやる)」と書かれた看板をかけられた。, ヘクター役のガエル・ガルシア・ベルナルの娘であり、実際にヘクターの娘役として出演している。, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://pixar.fandom.com/ja/wiki/リメンバー・ミー_(映画)?oldid=4775, ミゲルが靴磨きに行く際に通過するアレブリヘ売り場の中に、『ファインディング・ニモ』のニモとドリーのアレブリヘがある。, コンサートでドラムを披露する骸骨が来ているTシャツは、『トイ・ストーリー』のシドが来ているTシャツと同じものである。.

白川郷ライトアップ ツアー 名古屋発, 王様 ディープパープル 歌詞, マンタ シュノーケル ダイビング どっち, Huawei P10 Lite Sim 取り出せない, 無印 綿であったかインナー サイズ感, 鬼滅の刃 アオイ 嫌い, ドラム 周波数 カット, アメリカ 苗字 数, Line 質問ばかり 女性, シャーロック シーズン4 3話 ネタバレ, 池袋 自転車屋 安い,

関連記事